「光脱毛」といっても一つじゃないんです!

光脱毛

 

脱毛は大きく分けて脱毛サロンで行われる「光(フラッシュ)脱毛」、クリニックで行われる「レーザー脱毛」、そして一部エステで行われる「ニードル脱毛」の3つがあります。

脱毛サロンはほとんどが光脱毛ですが、この光脱毛にも種類が結構あります。
それぞれに特徴があって効果や痛みも違ってきたりするんです。
なので,自分にあった脱毛方法を行っているサロンを選ぶのも重要になってきてます。ではそんな光脱毛の種類を見てみましょう。

それぞれの光脱毛の特徴を知って自分にあった脱毛を探そう

では早速光脱毛の方法について解説していきたいと思います。しっかり特徴を知って脱毛サロン選びに役立てましょう!

IPL脱毛

まずもっとも代表的なのがこのIPL脱毛。このIPL脱毛脱毛が脱毛サロンでも一番多いですね。このIPLの正式名称はインパルスライトで、その略称としてIPL脱毛と呼ばれています。
インパルスライトはメラニンに反応するので、毛のメラニン色素にに反応させ、発毛組織の毛母細胞や毛乳頭に熱のエネルギーを伝えて脱毛します。クリニックの脱毛もこのIPL脱毛の原理は同じですね。

 

メリット

太い毛に効果が出やすく、取扱が多いどこに住んでいてもまず受けられる。

デメリット 産毛には効果が出にくい。光脱毛では比較的痛い。
代表的な脱毛サロン 銀座カラー、シースリー、ジェイエステ

 

S.S.C脱毛

SSC脱毛の「SSC」スムーススキンコントロール法のこと。
SSC脱毛はIPL脱毛とはちょっと違い、特殊なジェルを塗ってその上から光を照射。これによりジェルの中の抑毛成分が肌に浸透し、発毛組織を弱らせていきます。
肌に直接光を当てるわけではないので、痛みがすくないのがS.S.C脱毛の特徴。

 

メリット 痛みが少ない。
デメリット 特になし
代表的な脱毛サロン ミュゼ、コロリー、脱毛ラボ

 

SHR脱毛

SHR脱毛は、新しい脱毛メカニズムをつかった脱毛方法。
IPL、S.S.C脱毛は毛母細胞や毛乳頭といった発毛組織にアプローチをしていく方法。ですがこのSHRは「バルジ領域」という新しく発見されたバルジ領域にアプローチして脱毛していきます。
そのため毛のメラニン色素からエネルギーを伝える必要がなく、バルジ領域に直接届く波長を使うため、産毛にも効果的。また毛周期の影響を受けにくいと言われます。

 

メリット 産毛に効果的。毛周期や日焼けの影響を受けにくい。
デメリット 行っている脱毛サロンがすごく少ない
代表的な脱毛サロン ストラッシュ、ラココ

 

ハイパースキン脱毛

IPL脱毛、SSC脱毛では現在生えている毛(成長期)のメラニン色素を利用し脱毛するのに対して、ハイパースキン脱毛では現在生えていない毛(休止期)の毛細胞に働きかけ毛が生えてくるのを抑制します。
そのため、メラニン色素に影響を受けません。

 

メリット 産毛に効果的。痛みが弱い
デメリット 産毛以外の毛にはちょっと効果が薄い。実施しているサロンが少ない
代表的な脱毛サロン ディオーネ

 

編集部のコメント

VIOを脱毛したいのでより刺激が少ない方がいいという方は、SSC脱毛器、顔などの産毛を脱毛したいという方はハイパースキン脱毛、日焼けや毛周期を気にせず脱毛したい方はSHR脱毛。
そしてこだわりがない方は、一番覆いIPL脱毛を行っているサロンの中から料金やコース内容を吟味して選ぶ!といった自分の求めているものによってサロン選びをしてみてはいかがでしょうか。