妊婦さんは必見!妊娠と脱毛

妊婦さん

 

脱毛サロンに通っていて妊娠する女性って結構多いそうです。というのも脱毛は1年以上通うことになりますから、生活は変化しますからね。
では妊娠中に脱毛を受けることは可能なのでしょうか。

 

特に結婚後に脱毛を始めた方、婚約者がいる方は妊娠してしまうケースも考えられますからすからしっかりチェックしておきましょう!

妊娠中に脱毛を受けることはできる?

妊婦さん

 

サロンであったり医療機関で行われいるのは主にフラッシュやレーザーといった光を照射して行う方法ですが、このフラッシュやレーザーは妊娠中に行うと、お腹の中にいる胎児や子宮に悪影響を及ぼす恐れがあります。
ですので基本的にどこのサロンであっても妊娠中の脱毛はNGとなっているのですが、では何故悪影響を及ぼしてしまうのでしょうか。

 

まず妊娠中には体調の変化が起こり、妊娠初期ではつわりなどによって吐き気などが引き起こされます。そのような状態でフラッシュやレーザーを使用してしまうと、さらにつわりの症状を悪化させる恐れがあります。
また全身脱毛を行う場合には、施術しやすいように様々な姿勢をとります。その姿勢が妊娠中の体には負担となってしまいますので、そのような理由から多くのサロンや医療機関では妊娠中の施術はNGとなっているようです。

 

その他にも理由があり、妊娠中は生理中と同じように肌が刺激に対して敏感になっています。ただでさえ痛みを伴う施術を肌が敏感になっている時に行ってしまえば、それだけ強い痛みを感じてしまう事になります。
痛みや肌トラブルに対するリスクが高くなっているだけではなく、施術の効果も通常よりも現れにくい特徴があります。そもそもムダ毛はホルモンバランスの影響を強く受けます。ですのであまり高い効果が現れにくいこともあり、おすすめすることができないといったことになります。
サロンやクリニックとしては、万が一のことが起きてしまうと責任が取れないという事も本音としてはあるようですが、やはり妊娠をしているときには避けた方が無難でしょう。

産後の脱毛はいつからできる?

子供と妊婦さん

 

妊娠中の脱毛はNG、だから出産したら脱毛を再開しようと意気込んでいる方は多いでしょう。となると気になるのが具体的に産後いつから再開できるのかです。基準はあるのでしょうか。

 

産後すぐに再開はNGです。
というのはホルモンバランスがまだ正常でないからです。妊娠中にNGなのは胎児の影響を考えてというよりも、ホルモンバランスが乱れることで効果が出にくいからなのです。妊娠中はホルモンの関係でいつもよりも体毛が濃くなるので成果が出にくいです。
実はこれ、出産後も同じなのです。出産したからといっていきなりホルモンのバランスは正常になりません。これが正常になってなおかつ体調が戻ってからとなります。

 

それでは出産後の再開の基準は何かというと生理が始まって、その周期が安定してからというのが一般的です。
母乳育児をしている間は生理が再開しない方が多いです。そのため卒乳してからを基準としてもいいでしょう。
ちなみにミュゼの場合は産後、生理が2回以上来てからとなっています。
妊娠中は脱毛できない!産後はいつからOK?妊婦さんは要チェック

 

ただ、これは一般的な話であって母体の回復が遅い場合はまた話が別です。出産はかなり体力を要しますし、出産したからとすぐに元の体には戻りません。
体調が悪い時の照射は基本的にNGですから、安定した生理がきたり卒乳したとしても、まだ体調がすぐれないなら再開はおすすめできません。その場合は体調が戻ってから再開しましょう。

 

光脱毛は光を当てるだけととても簡単、しかも肌へのダメージもかなり少ないことで知られています。ただ、いくらダメージが少ないとは言ってもムダ毛をなかったことにするだけの威力がある光ですから、普段と違う体調で受けることで何らかの異常をきたすこともあります。ツルスベ美肌をゲットするために通っているサロンですから、照射で肌トラブルでは逆効果です。産後、月経周期が安定して卒乳して、なおかつ体調が戻ってから再開することです。"