施術の痛みを知ろう!

脱毛の痛みについて

 

これから初めて脱毛をするにあたって脱毛の「痛み」に不安を抱いている方は多いはず。現在エステで行われているフラッシュ脱毛はニードルやレーザー脱毛などに比べ、最も痛み少ない方法ですがやはり初めての場合は気になりますよね。
なのでそんな初めて脱毛を受ける方のために脱毛の痛みについてご紹介します!

脱毛で痛い部位・痛く無い部位

痛い部位の特徴・痛くない部位の特徴

 

脱毛する際に痛い部位と痛くない部位それぞれどこなのでしょうか。

 

まず痛い部位の特徴は3つ

 

一つは毛が太いお部位。毛の太い部位は毛のメラニンに光が過剰に反応してしまい悦エネルギーが増え痛みが強くなってしまいます。
続いては毛が密集している部分。これは照射する際、周りの毛のにも反応してしまうためと言われています。
最後は皮膚が薄い部位ですね。皮膚が薄い部分は骨に近いこともあり、痛みが伝わりやすくなっています。

 

逆に痛くない部分は上記の3つの逆です。皮膚が厚く毛が細い部分は痛みを感じにくい部位だといわれます。
では具体的に脱毛の痛い部位、痛くない部位はどこなのか?解説していきます。

それぞれの部位の脱毛の痛みはどうなってるの?

各部位の脱毛の痛み

 

まず最も多くの人が脱毛する脇。脇は割と毛の量が多い部位なので痛いと言われていますが、ですがフラッシュ脱毛であれば大半の方が我慢できると思います。
また範囲が狭いので施術はすぐ終わってしまうというので耐えられないという方はなかなかいないでしょう。

 

続いて腕。腕は範囲が広いので割と時間がかかりますが、毛が細いため痛みは脇に比べるとあまり感じないはず。

 

そして足。腕と同様に時間のかかる部位です。一般的には毛量の多い部位ですが、女性の場合は男性に比べ毛が細いためあまり痛みは伴いません。脇を我慢できた方は余裕だと思います。

 

ここでV,I,Oです。デリケートゾーンのVIOは粘膜に近く太い毛が密集しているのではっきり痛いです。おそらくナンバー1の痛み。Iラインはその中でも特に痛いといわれますね。
ですがレーザー脱毛、ニードル脱毛に比べフラッシュ脱毛は1番痛みが少ない脱毛方法。ニードル脱毛はもってのほかですが、レーザー脱毛でも途中で施術を中断する人もいるそうなので痛くないVIO脱毛を検討している人は、フラッシュ脱毛がおすすめです。

 

背中は大半の人が我慢できる部位 。背中は体の中でもっとも範囲の広い部位ですが、毛も細く強い痛みを感じることはないはず。中には背中の脱毛中に寝ている人もいるぐらいですよ。

 

最後に顔。顔の毛は産毛なので痛くないので「痛くない」と思われがちですが実はこれが結構痛かったりします。
というのも顔の皮膚は薄くいため痛みを感じやすいのです。特に鼻下と額が痛いと感じる方が多いみたい。なんだかピリピリと感じる人が一番多いかも。

 

部位別に痛みについて説明してきましたが、痛みは個人差がかなりありVIOですら全く痛みを感じないとい言う人もいたりするので実際に試してみないとなんとも言えません。
一般的には「輪ゴムを弾いた程度の痛み」と言われているので、おうちの輪ゴムで行く前に試して見てみるのもひとつの手ですが、VIO以外は施術を受けてみると「なんだこんなもんか」と感じるとおもいます。
どうしても痛いのは嫌という方にはミュゼかキレイモがおすすめ。ミュゼは痛くないといわれる「SSR脱毛」、キレイモはヘッドが冷却される脱毛器を使用しているため痛みが軽減されます。