毛の生え変わるサイクル「毛周期」の重要性

毛周期は脱毛で最重要

 

毛周期をご存知ですか?初めての方にはなかなか聞き覚えのない言葉だと思います。
ですがこの毛周期は脱毛に通う際に非常に重要なんです。脱毛に通う前にぜひどういうものか覚えておいてくださいね♪

毛周期の3つのサイクル

成長期、後退期、休止期

 

脱毛は毛周期に合わせて施術をしていきます。毛周期とは毛が生え変わるタイミングです。
毛周期は成長期、後退期、休止期の3つの時期を繰り返します。
成長期という時期は毛穴の毛母細胞から毛が伸びて成長している時期のこと。後退期は逆に毛母細胞から毛が離れ抜け落ちていく時期。そして休止期は毛自体が抜け落ちてしまい次に生える毛を待っている時期を指します。

 

脱毛はこの成長期のサイクルに合わせて脱毛します。というのもエステ、クリニックで行う光脱毛。レーザー脱毛はメラニン色素から毛穴の奥の毛を作っている組織である毛母細胞に熱エネルギーでダメージを与えるため、毛が生えている状態、毛母細胞と毛がつながっている状態でないと効果がでません。
ですから成長期の毛に合わせてアプローチをするため脱毛は一定期間開けて施術を行う必要があるのです。

 

そんな毛周期ですが部位によって成長期で毛が伸びるスピードやサイクルの周期が変わってきます。では体毛の生える部分の毛周期はどうなっているのか見てみましょう!

それぞれの部位の毛周期をチェック!

体の部位によってかわる毛周期

 

まず毛といえば頭髪ですね。
髪の毛は成長期には日におよそ0.3〜0.4ミリの早さで伸び、一度抜いた毛は約4ヶ月で生えてきます。感覚としてはあまり目立たない周期ですね。

 

次は女子の悩みの種、脱毛の定番部位でもあるワキ
伸びる速さは日に約0.3ミリ。生えかわりのサイクルは約4ヶ月〜5ケ月。でもかなり頻繁にお手入れしてるイメージですよね。これは一度に活動している毛根が全体の約30%とほんの一部なためです。
キリがないわけですね。(笑)

 

そうなると手脚はどうでしょう。お風呂の度に剃るのが習慣。なんて人も多いのでは?お肌への負担を考えると、できることなら避けたいものです。
手脚の毛が皮膚の表面に出てきてから自然に抜け落ちるまでの周期は意外に長いんです。成長期なら生え代わりの期間はおよ半年ほど。

 

続いて最近ハイジニーナでお馴染みのVIO
日に伸びる長さは約0.2ミリと言われます。生えかわりにかかる期間は頭髪やワキと同じく4ヶ月ほど。こちらも常時大部分の毛根が休眠状態にあるため、お手入れには複数回の処理が必要になります。

 

最後は自分でも一番まじまじと見る機会の多い
眉やまつげは日に約0.18ミリで伸び方はゆっくりですが、生えかわるスピードは約2ヶ月と最短。アゴ周りのうぶ毛も同様の周期で生えかわります。こちらは日毎の成長速度も早いので意外と手間のかかる部位。

 

このような部位ごとの毛周期が違うため脱毛のペースは変わってきます。ただし脱毛の場合、長さは必要ではないので大体の部位が2カ月間隔で通って脱毛するのが一般的です。