脱毛をスムーズに!埋もれ毛に気をつけるべき理由

気になる部位のムダ毛を、気が向いた時に自分で処理してしまう人は多いですが、あまり負担のかかる方法で自己処理を繰り返していると、再生してきた毛が皮膚の中に埋もれてしまう場合があります。

 

特に、毛抜やローラー式脱毛器で無理にムダ毛を引き抜いてしまうと埋もれ毛が発生しやすくなります。ムダ毛を引き抜く処理方法は、剃った場合に比べて肌へのダメージが大きくなりやすいので、普段からなるべく控えた方が良いでしょう。特にプロの脱毛施術を受けている場合、効果を十分に得るためにもムダ毛を引き抜く行為は極力避ける必要があります。
サロンやクリニックの施術では、ムダ毛のメラニン色素に光やレーザーを吸収させることにより、毛根部にあるムダ毛の再生組織にダメージを与えて脱毛していきます。しかし皮膚の中に埋もれているムダ毛に対しては、光やレーザーを当てることができないため、施術効果がほとんど期待できません。
良いコンディションでプロの施術を受けるためには、お肌に負担のかかる自己処理全般を控えることが大切です。特に、プロの脱毛施術を効率よく進めていくためにも、毛抜やローラー式脱毛器の使用を避けて埋もれ毛が発生するのを防ぐことを心がけましょう。"