埋没毛にご注意を!

埋没毛ってしってます

 

美肌を手に入れるために脱毛サロンに通う方は多いですよね。ただムダ毛の中には一筋縄ではいかない毛があるんです!
それは埋没毛という毛のこと。実はこの埋没毛ができてしまうとスムーズに脱毛できない場合も。
ではそんな埋没毛とはどんなものなのでしょうか?知らない人のために解説していきます。

埋没毛とは何か?原因は?

どうして出来るの埋没毛?

 

脱毛サロンに通っていない方は、ムダ毛が気になりだしたら自分で処理していますよね。中には毛抜きで抜いているひともいるのではないでしょうか?実はこの毛抜きでの自己処理こそが埋没毛を生み出してしまう原因なんです。
埋没毛は皮膚下に毛が埋まったまま成長してしまった毛のこと。
なぜ皮膚の下で毛が育ってしまうかというと、毛抜きで毛を抜いたしまうと毛が抜けて開いた毛穴の中に細菌や雑菌が入ろうとします。
しかし、人間の皮膚は取っても優秀。角質層を閉じて雑菌が入るのを防ごうとします。その際、角質層の中で毛が成長してしまうと埋没毛となってしまいます。
埋没毛の特徴は、皮膚が少し盛り上がり吹き出物みたいになっていること。また中の毛が見える場合もあります。
埋没毛の毛がさらに成長を続け毛穴を圧迫すると炎症をおこし、炎症やニキビそして黒ずみなど新たな肌トラブルを生み出してしまう原因に。
特に埋没毛ができやすい、脇、Vライン、そして足(主にひざ下)は注意が必要です。

埋没毛は脱毛できる?

埋没毛があっても脱毛できる?

 

では埋没毛は脱毛で解消できるのでしょうか?
脱毛サロンはやクリニックの施術では、ムダ毛のメラニン色素に光やレーザーを吸収させることにより、毛根部にあるムダ毛の再生組織にダメージを与えて脱毛していきます。
しかし皮膚の中に埋もれているムダ毛に対しては、光やレーザーを十分に当てることができないため、脱毛することはできるもののほかのムダ毛に比べて脱毛の効果は十分には得られません。

 

ですから「埋没毛は作らない」のが一番!
ムダ毛を引き抜く処理方法はもっともリスクが高いため、剃った場合に比べて肌へのダメージが大きくなりやすいので、普段からなるべく控えた方が良いでしょう。特にプロの脱毛に通っている間は、効果を十分に得るためにも毛抜きを引き抜く行為は極力避ける必要があります。
良いコンディションでプロの施術を受けるためには、お肌に負担のかかる自己処理全般を控えることが大切です。

埋没毛のセルフケア

埋没毛野ケアはお風呂が最適

 

埋没毛を自分でケアする場合には、毛穴を開かせてあげることが大切。毛穴を開かせて中の毛を外に押し出します。
だからと言って無理矢理毛抜きやピンセットで取り出すのは、雑菌が入り炎症りさらに悪化してしまう可能性もあるのでNGです。

 

あくまで「自然に!」というのが大切。
一番自然に毛穴が開くのはお風呂ですね!そこで入浴時にボディスクラブケアをしてあげるのがイイと思います。
おすすめのボディスクラブはハウスオブローゼの「Oh!Baby ボディスムーザー」
Oh!Baby ボディスムーザーには大きさの違う粒子が配合荒れたボディスクラブで、「アルカリ単純温泉水」も配合されており角質を柔らかくしてくれる効果もあります。
価格も2,214円とリーズナブルで内容量も570gと多いので埋没毛が気になる方は使ってみてくださいね♪