知っておきたい施術の種類

ある統計では「6割以上の男性が女性のムダ毛を気にしている」なんていう調査結果があるそうです。
異性の目ばかり気にするわけじゃないけれど、肌の露出も増える季節。これには少々ドキッとしますね‥
自己処理の跡やプツプツと黒く残った毛穴。気にしてたらキリがないって見ないふりをしていたあなた、脱毛してすっきりしちゃいませんか?
ですが、脱毛の施術の種類は一つではないんです!そこで施術にはどんな種類があるのか少しお勉強してみましょう!

大きく分けると脱毛には3つの種類がある!

クリニックでの施術は主にレーザー、エステでは光照射や電気針が一般的です。初めての方にはあまりピンときませんね。(笑)

 

例えばレーザーの場合、メラニン色素だけに反応するレーザーで熱を与えて内部から処理します。
肌を傷つけることはありませんし、1本1本の処理ではないので短時間で済むのも魅力。
痛みは少ないですが医療行為に当たるためクリニックでしか受けられません。

 

医療機関であれば相談に応じて麻酔の使用も可能ですから、より確実な永久性を求めるならば検討の余地あり。
ただし、痛みはエステの光脱毛より強く、費用も高くなるので注意!

 

エステでは光照射と電気針の2種類の施術が受けられます。
まず電気針ですが、いかにも痛そうな名前ですよね、痛いです。電気を使って毛根と毛乳頭に複数の電流を流し1本ずつ焼きながら処理する方法で、時間が掛かり痛みも伴います。おそらく施術の中でも一番の痛み…
かなり腰が引けますが一度の施術で得られる効果は脱毛の中でも最も高いと言われています。
ただ一度にムダ毛を無くすのではなく、一つ一つの毛穴を処理していくためコストが高いのが難点。

 

最後に、脱毛方法として最も一般的で需要の広い光照射による脱毛。
ここでの光はIPL・フラッシュ・プラズマライトなど複数の種類をさしています。サロンによって採用している種類は異なりますが、どれも原理は同じです。
光の施術は毛や毛根の黒い色素に反応させてフラッシュライトを当てていきます。レーザーとの違いは出力が光の方が弱く肌への影響がほとんど無いため痛みを感じません。処置時間が短く効率的なのは同じ。

 

昔はレーザーと光ではかなり効果に開きがあるといわれていましたが技術の進歩によって今ではほとんど違いはありせん。科学の進歩ってすごいですね^^
また費用も一番リーズナブルな方法なので、これから脱毛をはじめようと考えている方には向いている施術法です。