全身脱毛でも「脱毛ができない部位」があるの?

全身脱毛でも脱毛できない部分がある

 

全身脱毛だから体ぜんぶのムダ毛を脱毛したいと思っている方は少ないでしょうが、実際に全身脱毛でも脱毛できない部分はあります。
では脱毛ができない部位とはどこなのか?エステの光脱毛、クリニックのレーザー脱毛で脱毛できない部位をまとめてみました。

 

全身脱毛でも脱毛できない部位まとめ

全身脱毛で脱毛できない部分はココ

 

粘膜部分

まずどこのサロンでもNGと考えられるのは、粘膜部分の脱毛です。代表的なものでIラインの膣の周りですね。脱毛できない理由はなんとなくわかると思いますが、あまりにもデリケートな部分のためです。
ただサロンによって粘膜部分をどこまでを脱毛してくれるかは変わってきたりします。例えば粘膜ぎりぎりまで脱毛してくれるところもあれば、安全策をとってある程度余裕をもって脱毛するサロンやクリニックもあります。これはどこのサロンがどこまでという明確な決まりはなく割と施術するスタッフによって左右されることが多いのが現状です。
そもそも粘膜部分はあまり毛が生えていない方が多いと思うのであまり脱毛の必要性を感じないかもしれないですね。

 

目の周り

また目の周りも粘膜部分と同様にも脱毛できないサロンやクリニックが多いですね。強力な光を照射するため、目の近くの脱毛は危険性が高いということが考えられます。
目の周辺の脱毛はリスクが高すぎるため、ぎりぎりまで脱毛するというところはほとんどありません。
ただ眉下は脱毛しないサロンやクリニックがほとんどですが、絶対脱毛してくれないというわけではありません。例えばアリシアクリニックなんかは対象としているみたい。でも眉下は皮膚が薄いためちょっと覚悟が必要。

 

その他の部分

そしてほくろやタトゥー部分も直接脱毛することはできません。これは照射の光が「黒色」をメラニン色素と認識し照射してしまうためやけどのリスクが高まるからです。
その部分を隠して脱毛してくれるところもあるので相談してみましょう。ほくろ、タトゥーに生えている毛を脱毛したい場合には、光を照射しないニードル脱毛がお勧めです。

サロンによって全身脱毛で脱毛できない顔脱毛

顔脱毛はサロンによる

 

実は顔の脱毛は、全身脱毛に含まれていないことがあります。ミュゼの場合、顔は全身脱毛の対象部位に含まれていませんね。

 

またサロンによっては顔だけは別プランになっていることも。
例えば銀座カラーは顔脱毛は通常プランに含まれておらず、上位プランを契約する必要があります。
そして銀座カラーの全身脱毛は基本的に脱毛し放題ですが、顔だけは回数に制限があります。
またクリニックでも銀座カラーと同様に顔を含むコースは別プランとなるのが一般的です。

 

そして顔脱毛の範囲はサロンによっても異なります。他の部位であればそれほど変わることはないのですが、顔脱毛は極端に変わることもあるので脱毛したい場合はしっかりチェックしておきましょう。