痛い部位・痛く無い部位

脱毛する際に痛い部位と痛くない部位それぞれどこなのでしょうか。

 

まず痛い部位といえばデリケートゾーンが一番痛みが強いと言われています。

 

VIOと言われる部位で毛が密集しているということや、皮膚が薄いということから痛みを感じるようですが、レーザー脱毛に比べたらまだ光脱毛の方が痛みが少ないかもしれません。

 

足も毛が多い部位なのでわりと痛みの強さを感じる部位と言われています。

 

毛の多く生えているワキも範囲は狭いですが痛みを感じる人もいるようです。

 

基本的に毛の量が多く生えている部分などが痛みが強く、また関節部分なども痛みを感じるようです。

 

逆に痛みが少ない部位といえば、背中やおなか、手の甲なども毛の量がすくないために痛みを感じることが少ないようです。

 

しかし痛みというものは個人差があり、人がものすごく痛かったと思っても、ある人は全く痛みを感じないということもありますので、一概にすべての人にあてはまるというわけではないようです。

 

脱毛はそれなりに痛みを感じるものですが、ずっと長く痛みが持続するわけではないですし、脱毛してムダ毛が薄くなっていくにつれ痛みも軽減していくものだと思われます。

 

どうしても痛みに耐えられない場合には出力を弱くしてもらうことも出来ると思います。